毎年猛烈な勢いで流行するインフルエンザにはタミフルを服用することがとても効果的です。こちらでは、インフルエンザに用いられるタミフルの使い方について詳しくご紹介しますので、皆さんタミフルを使用する前に必ずお読みください。

Monthly Archives : 2016年1月20日

インフルエンザ予防と発育鶏卵やタミフルが有効

冬は毎年インフルエンザが流行し、健康な大人であれば何もしなくても1,2週間程度で完治しますが、子供やお年寄りなどの免疫力が大人ほどない人がインフルエンザウイルスに感染すると症状が重くなる場合もあり、決して軽く見てはいけない病気です。
そんなインフルエンザウイルスに感染するのを予防するにはいくつかの方法があります。
誰でもすぐに出来る簡単な方法としては、人混みを避けたり、マスクを着用する事、うがいや手洗いをしっかりと行う事が挙げられます。
また、免疫力が低下する事によっても発症しやすくなるために、日頃から睡眠をしっかりととって栄養バランスの良い食事をする事も効果的です。
その他の方法としてはインフルエンザ治療薬のタミフルを摂取したり、発育鶏卵ワクチンを接種する事も有効です。
インフルエンザ治療薬であるタミフルは単に治療薬としてだけではなく、予防にも効果があります。
ただ、予防目的であれば発育鶏卵ワクチンを使用するのが基本であり、タミフルによる予防は家族に感染者がいて感染すると重症化するリスクが高いというのが条件となります。
タミフルはウイルスに感染した細胞からウイルスが遊離するのを阻害する作用があり、その作用のおかげで効果がある間は感染しても増殖を抑えられます。
効果はタミフルを服用している間のみで、予防目的での服用は最大で10日間となります。
一方、発育鶏卵ワクチンでは流行しているウイルス株と同じ種類のワクチン株でなければ効果が得られませんが、摂取する事によって重症化する事を防ぐことも可能です。
効果は大体摂取してから4週間でピークとなり、予防効果は5ヶ月程度となります。
そのためにきちんと予防したいのであれば毎年ワクチンを接種する必要がありますが、予防効果は最もワクチンが高いです。