毎年猛烈な勢いで流行するインフルエンザにはタミフルを服用することがとても効果的です。こちらでは、インフルエンザに用いられるタミフルの使い方について詳しくご紹介しますので、皆さんタミフルを使用する前に必ずお読みください。

Monthly Archives : 2015年3月31日

インフルエンザ以外の流行するウイルスとは?

冬になると空気が乾燥することで人間には様々な悪影響がもたらされるのです。
それは流行感冒症が引き起こり、猛烈な流行を見せるということです。
なかでもインフルエンザウィルス感染は一般的な風邪とは違って、大人でも立っていることが辛いほどの高熱が見られるのが問題です。
特に子供や高齢者、何らかの疾患を持っている人が感染すると重篤化し、脳などへの障害も見られることがあり、特に注意が必要なのです。
インフルエンザウィルスに感染してしまうと市販の風邪薬では、その症状を緩和させることは不可能です。
しかし自分がインフルエンザに感染したことを知らずに風邪薬ばかりを飲んでいるうちに、症状は悪化して最悪の場合死に至ることさえあるのです。
見極め方のポイントは40度近くの高熱です。
一般の風邪ではこれほどまでの高熱は見られず、早急に病院での受診が必要です。
病院ではインフルエンザウィルスに特化したタミフルを処方してくれます。
タミフルを飲めば人によっては一日で熱がとれる人もいます。
しかしタミフルは子供などが飲むと奇行などを起こすケースがあるので、リレンザーなどの吸入薬で対処することが大事です。
ウィルス感染とはインフルエンザ感染があまりにも有名ですが、世界中には様々なウィルスが存在するのです。
最近世界で猛威をふるったエボラ出血熱もウィルス感染の一つです。
これコウモリからのウィルスが人間を侵すようになったとも言われています。
インフルエンザ同様、高熱や嘔吐、下痢といった症状が見られるのです。
またエイズ感染もウィルス感染の一つです。
しかしエボラ出血熱やインフルエンザとは異なり、空気感染や飛沫感染を起こすことがなく、避妊処置などで感染をある程度自己防衛できるという特徴があるのです。

どの地域で猛烈にインフルエンザは流行するのか?

冬になると寒さが厳しくなる事で体が冷えやすくなり、血行も悪くなって風邪をひきやすくなるのです。
それ以外にも冬には様々な流行感冒症が見られるようになるのです。
その一つがインフルエンザの流行を挙げる事ができるのです。
インフルエンザウィルスは鶏や豚由来のウィルスであり、冬にはその猛威をふるい大流行を引き起こすのです。
インフルエンザウィルスは中国や香港などといった地域から発症し、日本でも猛烈に流行を見せるようになるのです。
中国や香港などの衛生面が余り整っていない地域から流行し、日本にも流行が拡大するのです。
インフルエンザウィルスは空気が乾燥した場所を好み、乾燥した空気中では長期間ウィルスが浮遊し、人間の呼吸器に入りこんで増殖するのです。
人間の呼吸器に入り込んで、増殖を繰り返すと人間の抗体反応が働いて、発熱や下痢、嘔吐などを引き起こすようになるのです。
特に多くの人が集まり集団生活を営むような学校、幼稚園、職場といった場所で大流行が起こるのです。
それはインフルエンザに感染した人のくしゃみや咳などの飛沫感染、唾液や糞尿の付いた手でドアノブに触れそれを他人が触ることでの接触感染が頻繁に見られ大流行が見られるようになるのです。
インフルエンザは高熱に侵されることが問題であり、市販の風邪薬などでは症状を緩和させることはできません。
タミフルというインフルエンザに特化した薬を用いることが必要です。
タミフルは病院で医師の処方が無ければ手に入れることの出来ない薬です。
いつもの風邪とは違い40度前後の発熱と、全身の強烈な倦怠感、筋肉痛などが確認でき、嘔吐や下痢が止まらない場合はインフルエンザを疑い、病院で診察してもらってタミフルを処方してもらうことが大事なのです。

何故タミフルは48時間以内に服用すべきなのか

冬の時期に全国で猛威をふるうことで恐れられている病気の一種であるインフルエンザ。
インフルエンザは空気を通して感染するウイルス性の病気であり、体力や免疫力が低いとされている幼児や高齢者がかかりやすいと考えられています。

インフルエンザは侵入したウイルスが体内で増殖し、高熱を発生するウイルス性の病気です。
対応を謝れば重症化する恐れもあるので、感染が疑われる場合には速やかな対処が必要となるのです。

インフルエンザ対策として高い効果を期待できる特効薬の代表的なものがタミフルという薬であり、日本でも2001年に保険適用対象となり、今日では一般的に使われるようになっています。

タミフルの服用は一般的に発病から早ければ早いほど良いと考えられており、病気が発病してから遅くとも48時間以内に服用すべきだと考えられています。
タミフルはインフルエンザウイルスを滅菌させる薬ではなく、ウイルスの増殖を抑える薬ですので、発病から時間が経過し、体中にウイルスが増殖してしまった後では服用しても意味が無いのです。

タミフルを服用することでインフルエンザの重症化を防いだり、熱で苦しむ時間を短縮することには役立ちますが、菌そのものを薬によって死滅させることはできないので、この点をよく理解して薬を服用する必要があるのです。

なお、タミフルはインフルエンザに感染していなくても服用することができ、病にかかる前に服用することで予防効果を得ることができます。

手洗いやうがいなどの基本的な予防対策に加えて、事前にタミフルを服用しておくことでインフルエンザにかかりにくい体づくりをすることができるのです。

病気で苦しまないようにするためにも、ぜひ有効利用したいですね。