猛烈な勢いで流行するインフルエンザにはタミフル!

毎年猛烈な勢いで流行するインフルエンザにはタミフルを服用することがとても効果的です。こちらでは、インフルエンザに用いられるタミフルの使い方について詳しくご紹介しますので、皆さんタミフルを使用する前に必ずお読みください。

インフルエンザにはタミフルが有効なのか?

インフルエンザの特効薬であるタミフルと言う薬が、一時期独特の副作用をもたらすとして非常にメディアなどで取り上げられました。
その問題の副作用とは、児童がタミフルを飲むことで幻覚を見たり、徘徊などの異常行動が見られるというものなのです。
しかし児童を一人っきりにしてタミフルを飲ませると、こうした副作用が死亡事故に繋がる可能性があり問題ですが、親がきちんと監視下の元で服用させればタミフルほどインフルエンザを死滅させるのに有効で安全性の高い薬は他にないと言えるのです。
またタミフルはタブレット状で水で飲みやすく、世界でも最も出回っているインフルエンザの薬であることから安価に手に入れることができ需要が高いのも事実なのです。
タミフルを飲めば一日で熱がとれ、全身の倦怠感や下痢嘔吐に悩まされることはなくなります。
しかしタミフルを途中でやめてはいけないのです。
まだまだ体には死滅していないインフルエンザウィルスが残っているので、完全に絶滅するまで一週間は欠かさず薬を飲み続けなければいけないのです。
それでもどうしてもタミフルの副作用が怖かったり、一人暮らしで徘徊し事故を起こしかねない場合は、リレンザという薬を処方してもらうと良いでしょう。
リレンザは機械を用いて粉末の薬を吸入する方式なのです。
リレンザは肺にダイレクトに粉末の薬を散布する形になるので、インフルエンザのウィルスの増殖をダイレクトに抑制し、死滅させる効果が期待できるのです。
リレンザも一日三回の吸入を一週間続ける必要があるのです。
少々カートリッジを機械にセットし、何度か吸い込まなければいけない手間暇がかかりますが、異常行動などの副作用は報告されていないので安全性高くインフルエンザの治療が行えるのです。

■個人輸入代行の利用は自己責任で行う
インフルエンザの薬は副作用に注意

■週末のインフルエンザにそなえリレンザをストックしておく
リレンザなら予防と治療の両方にお使いいただけます